SAF2016

drag

スーパーアメリカンフェスティバル2018VOL.26

8月26日

来年のスーパーアメリカンフェスティバルのスケジュールが決まりました。 場所はお台場ダイバーシティとBMWの間にあるスペースです。シルク・ドゥ・ソレイユなんかやっている場所です。お台場ではドラッグレースはできませんが、若い人たちや一般のお客様が集まりやすい場所であることを優先しました。アメ車パワーをもっともっとたくさんの人たちにアピールしたいじゃありませんか。電車が2系統ありますし、高速出口からも近く、アクセスは最高です。たくさんの人に来て頂きたいので入場料金も1000円に設定しました。エントリーフィなど詳細は年明けに発表します。 ドラッグレースに関しましてはまだスピードウェイと調整中です。お待ち下さい。

私個人のFacebookも是非ご覧になってください。Facebook

今年のカーショー受賞者です。 
KING of SAF            田中栄  '56 オールズ  SAFshirts
1st PRIZE of American car     清岡裕次  '59 ビュイック SAFshirtsSAFshirts
1st PRIZE of specialities 上野智郎  '59 サンダーバード SAFshirtsSAFshirts
1st PRIZE of Lowriders   斧田弘樹 '59 インパラ SAFshirtsSAFshirts

1st PRIZE of SUV 右松亮一  '04 ハマーH2
SAFshirtsSAFshirts
1st PRIZE of Trucks 横山哲也  '13 シェルビーバハ
SAFshirtsSAFshirts
1st PRIZE of Motorcycles 〆野博之 '93 ボスホス
SAFshirtsSAFshirts
1st PRIZE of Domestics 風間久美子 H26ハスラー
SAFshirts


雑誌社賞 A cars      青木敏     '69カマロ SAFshirts

カーグラフィック  鈴木昌夫    '55ベルエア
SAFshirts

デイトナブロス   戸塚浩一    '65マスタング SAFshirts

アメ車マガジン   中野誠二    '01アストロ
SAFshirts

オールドタイマー  鈴木昌夫    '55ベルエア
SAFshirts

アメ車ワールド   津田健吾    '62 C-10    
オートメッセウェブ 古塩崇     '95ホンダオデッセイ SAFshirts

ホットバイクジャパン 小林浩     '96ボスホス
SAFshirts

バージンハーレー   田島史郎    '05ボスホス SAFshirts

今年のドラッグレースのリザルトです。 
 今年のドラッグレースのリザルトです。来年から今年10秒を切った車両は招待にします。きれなかった車両は招待になりませんので宜しくお願いします。みなさん早く走るために努力して要ると思いますが、招待車両はお手本にならないといけません。日本では専用コースがないため練習できないのはわかりますが、上のクラスで10秒きれないのはちょっと遅すぎのような気がします。スピードウェイの路面の状態がF1用に改修した後変わったのもわかりますが、、、。



カーショー&コンテスト 
来年も日本で最高のアメ車やハーレー、ローライダー、SUV、国産カスタム、ボスホス、インディアン等が大集合します。お台場の会場が一日アメリカになります。アメリカンテイストがここで目一杯堪能できるのです。
展示車両の中から、8クラスのアメフェス賞と上記イラストの左にある各雑誌社賞(各雑誌編集部のスタッフが選考します)の受賞車が選ばれます。

カーショー&コンテスト

カーショー展示スペース 
もしお仲間で同じ場所に並べたいという要望がございましたら、あらかじめグループリストやこの車といっしょに並べたいという指示をお願いします。当日の車両の移動はできません。
                 

カーショー記念シャツ
 今年のシャツはマスタングおたく第一人者松岡さんのショップ”Garage K&M"さんに作っていただきました。オシャレなシャツが出来ました。シャツはカーショーとドラッグレースにエントリーして頂けると当日もらえます。12時までに引換券でお受け取り下さい。
Garage K&M
    

SAFshirts

スワップミート
アメフェス名物、いわゆるフリーマーケット。今でこそフリマが全国各地で開かれていますが、アメフェスのフリマは歴史があります。おしゃれな雑貨やファッショングッズ、貴重なパーツ、レア物、何でもそろいます。場所の優先順位のお問い合わせをたくさんいただいておりますが先着順ですので宜しくお願いします。

スワップミート
        

ピンストライパーブース
今年もピンストライパーアーチストだけを集めたスペースを設けます。スペースはカーショースペースに隣接した場所を用意します。詳細はPINSTRIPER BOOTHをクリックして下さい。

ピンストライパーブース01 ピンストライパーブース02 ピンストライパーブース03ピンストライパーブース04

ライブパフォーマンス
まぶしい夏の太陽がある。カッコいいクルマがある。となるとイカした音楽も必要でしょう。今年の出演は、最強のR&Rバンド『クールス』『ワンダラーズ』と今ちまたで話題の『TOKYO FUNKY DOLLS 』『ヴァイオレッツ』等に出演してもらいます。

ライブパフォーマンスライブパフォーマンス
ライブパフォーマンス

アメフェスの1回目から出てもらっている、私が一番思い入れのある大好きなバンドCOOLS。初めて手がけたアーチストなんです。長い年月のおかげで、さすがにキングレコードさんもCOOLSという表記にクレームをつける事も無くなった。舘氏と別れて私が手がけるようになったんだけど、所属していたキングレコードの制作部長からCOOLSの名称は登録してあるから、使用してもらっては困るという電話があった。しかたなく皆で考える事になったのだが、私が徹夜で考えた名前に決まった。クールスロカビリークラブである。当時あまり深く考えていなかったが、このネーミングがズっと彼らにとってハンデになったと思う。バンドのキャラクターイメージや評価がこれで偏ってしまった。確かにその要素もあるが、ロカビリーバンドではない。途中からCOOLS R.C.になったりしたが、いちどついたイメージが簡単に変わるはずも無い。これに関しては今でもメンバーに申し訳なく思っている。でもキングレコード時代より3倍くらいの売り上げになったのは間違い有りません。  メンバーは全員好きだが、一番なんとかしたかったのが山下達郎にもおもいっきり絶賛されたジミーだった(私が山下達郎にコーラスアレンジを頼んだ頃はクールスの方が売れていたが、、、)。  付き合いは歌舞伎町時代から数えると40年以上になる。当時、本当に湯水のごとく最高のメロディを生み出してくれた。彼のメロディーと彼のギターのスタイルが無かったらクールスは成立しなかったと思う。特に彼が曲のアレンジで使用するコードワークなんか絶品である。あまり専門家や評論家には認めてもらえなかったけど何故か漫画家の先生には大ファンがいる。まことちゃんでおなじみの楳図先生だ。たまたま聴いていただいたらムチャクチャ気に入ってもらって、それ以降まことちゃんに度々登場させてもらった。(恐れ多くも私の息子の名付け親にもなっていただいた。もちろん『真琴』 )それからビーバップハイスクールのきうち先生も。ビーバップハイスクールのアニメや映画の音楽をやらせていただいたり、先生の監督する映画にはジェームスバンドや個人でも出演させていただいたりした。楽しかったな。いろいろやったけど、もっともっと認められてもおかしくないアーチストだと今でも思ってる。今の気持ちはトイレに入って流さないで出て来た感じ。なんとかしたかったなあ。そのジミーも還暦をすぎた。死ぬまで最高にロックンロールしてくれると思う。クールス万歳!!!
SUPER AMERICAN FESTIVAL 増井淑博


チャリティオークション 
これまでアメフェスでは、K&Mの松岡さんの司会でオークションを行い、売り上げのすべてをいろんな団体に寄付させて頂いてきました。今年は広域財団法人『交通遺児等育成基金』を支援する為のオークションを行います。オークションで出品する品物のご寄付も是非よろしくお願いします。当日、品物を本部にお持ち下さい。その時にご提供の会社名やお名前をお知らせ下さい。司会の方で紹介させて頂きます。もちろん事務局の方でもお受け致します。事務局でお受けした物に関しては、当日御客様にお配りするパンフレットにご指定ロゴを掲載させて頂きます。この場合、締め切りは7月27日です。事務局の方にメールもしくは電話をいただけるとありがたいです。090-3344-0433

ワンコも大丈夫ですよ 
ペット同伴でも来場できます。ただ守っていただきたい事があります。下の後始末はもちろんの事、他の人への迷惑はおかけにならないようご注意ください。


dog          
         

2018年の入場料金です 

前売り券900円、当日券1000円です。5月1日から発売します。チケット購入方法          




昨年の御協賛各社様よりご提供いただいた賞品を紹介します。 

賞品1賞品1

'17スーパーアメリカンフェスティバル 賞品その1
まず1等賞の賞品を紹介しましょう。Car ShowのKING of SAFの方には SNAP ON様より素晴らしい工具箱とトロフィがおくられます。この他にも各社からの賞品が加わります。
スナップオンツールズ株式会社 
賞品4賞品4賞品4賞品4賞品4

'17スーパーアメリカンフェスティバル 賞品その2
エンジンオイル添加剤マイクロロンです。6月4日の鈴鹿スリートカーナショナルズで私のシボレーミスアメリカがその効果を立証しました。一番の効果は燃費とエンジン音でしょうか。燃費は確かに良くなります。でもエンジン音が若干上品な音になり、下品な音が好きな私には物足りませんでした。エンジン音を静かにしたい人にはおすすめです。
マイクロロン 


賞品5賞品6

'17スーパーアメリカンフェスティバル 賞品その3
おしゃれな車載消化器『ファイヤーマスター』です。あまり使いたい状況は経験したくありませんが、万一の場合の為に有ると助かります。
ファイアーマスター 


賞品7賞品8賞品9

'17スーパーアメリカンフェスティバル 賞品その4
ナポレックスさんはアメフェス1回目から賞品の提供をして頂いています。
ナポレックス 


賞品10賞品10賞品10賞品10賞品10賞品10賞品10賞品10賞品10賞品10

'17スーパーアメリカンフェスティバル 賞品その5
この賞品はアメ車関連の受賞者に与えられるプラグです。日本に入っているアメ車のエンジンで350が一番多いと思われるので、350エンジン用イリヂウムパワープラグをDENSOさんから提供して頂きました。もちろん受賞該当車には 1台につき1本2500円のプラグを8本セットでお渡しします。
DENSO


賞品11賞品11賞品11賞品11

'17スーパーアメリカンフェスティバル 賞品その6<br>WAKO'Sエンジンオイル、TR-50(トリプルアール 15W-50)です。優れたレスポンス性能を維持しながら、極めて高い耐熱ダレ性能、そして快適な走行フィーリングを実現したオイルです。一般道からサーキットまで、全てのフィールドで高い性能を発揮します。 他にもクリーナー等も提供していただきます。
WAKO-CHEMICAL

賞品12賞品12賞品12賞品12賞品12賞品12賞品12賞品12

'17スーパーアメリカンフェスティバル 賞品その7
 アメフェスの1回目から賞品を提供して頂いています。大塚食品のクリスタルガイザーでス。24本入1ケースをアメフェス賞、雑誌社賞、ドラッグレースの受賞者全員にプレゼントです。
クリスタルガイザー


賞品13

'15スーパーアメリカンフェスティバル 賞品その8
 こちらも毎年1回目から素晴らしい物をご提供していただいています。もちろん皆さんご存知ムーンアイズグッズです 。
MOONEYES


 
                             

これまでのドラッグレースでは特筆すべき事がありました。 
まずプロクラスで並みいる熟年ライダーを蹴散らし、何と20歳の女子大生が優勝した事です。彼女の名前は小田倉梨乃。デビュー戦で初優勝。25年前、大山さんが、ファニーカーのデビュー戦で新記録で優勝した時の事を思い出しました。彼女は13歳からジュニアドラッグスターでずっと走っていたので、ドラッグレースの何たるかを良く知っています。とにかく日本のドラッグレース界にスターが登場しました。
 ちゃんとした専用コースを造らないといけません!!!

         

宜しかったら左下のFBやmixi,TWITTERもクリックしてみて下さい。       

DRAG RACE 2012 
2012年7月29日に富士スピードウェイで開催されたスーパーアメリカンフェスティバルのドラッグレースです。アメフェスの1回目からお世話になっている蛭田さんの作品の一部です。長いちゃんとしたDVDもあります。問い合わせはヒルタプロダクション(090-3477-5167)まで。

いまだにたくさんの方からお問い合わせをいただいております 
5年前にイクラ君にはイメージキャラクターを降りてもらったのですが、いまだにどうしてなんですかというお問い合わせをたくさんいただいています。今の状況を理解していただくため、改めて簡単にこれまでの歴史を書いておくことにしました。25年前私はイクラ君がリードヴォーカルをやっていたムーンドッグスというグループのプロデュースとマネージメントをしていました(16年前にやめました)。どこのイベンターも相手にしてくれないので、自分がイベントを仕掛けてライブをやらせるしかないと思っていました。それが川崎のクラブチッタでやっていたビートポップショーであり、スーパーアメリカンフェスティバルだったのです。クラブチッタあたりは使用料が100万もしなかったので問題なかったのですが、スピードウェイは1300万位でした。スピードウェイがどこの馬の骨とも分からない事務所に黙って貸してくれるはずもなく、ほとんどの人がそんなの開催無理だよと言う中、当時の私の全財産の800万を前金で払って借りる事が出来てイベントをスタートすることができました。スーパーアメリカンフェスティバルの名前もプログラムもすべて私が決めました。基本的なイベントのフォーマットはこれまでほとんど変わっておりません。当初、イクラ君も共同主催者として発表したのも、彼を売り込むため、こんな大きなイベントを主催する人間ということにするためのハッタリでした。費用を負担して企画プロデュースしたのが主催者である事は誰が考えても分かっていただけると思います。それが5年前、自分がすべてやるから、一切口をださないでくれといってきました。自分が始めた思い入れがいっぱいのイベントです。何でそんな申し入れに納得出来るでしょう。自分で好きにやりたいのだったら、自分でやるしかないんじゃないのという事で降りてもらう事になりました。スーパーアメリカンフェスティバルという名称は私が商標登録をしているのですが、こっちはけんか別れのつもりではなかったので、好意で使用許可しました。そうしたら皆さんご存知の状態になった訳です。妨害工作も多々見受けられるようです。でも本当にこんな事はみなさんには関係のない、まったくハズカシイ低レベルの内輪もめとしか見られないでしょう。でも楽しめるイベントが一つ増えたとご理解いただけると嬉しいです。ただわかっていただきたいのは、自分が考えてる事は、好きなアメ車ハーレードラッグレースがもっともっと盛り上がって、昔のパワーを取り戻してもらいたいという事なんです。外車雑誌がまたどこのコンビニでも買えるようになってもらいたいんです。そのためにもアメフェスをもっともっと楽しんでもらえるようにする事で、アメ車ってカッコ良い、ハーレーってシブい、ドラッグレースってスゴいって思ってもらいたいんです。だから彼にも頑張ってほしいし、すべてのイベントが盛り上がってほしいです。カッコ良すぎるんじゃねえのって思われるかもしれません。人生の半分以上過ぎて、自分の夢はドラッグレースの専用コースを実現させて、そこでアメフェスをやる事なんです。日本にポモナをつくる事なんです。現在自分の力のなさを感じている所ですが、これからも実現に向けて頑張って行くつもりです。これからも皆さんにより楽しんでいただけるよう頑張ります。皆さんのお力が必要です。今後とも宜しくお願いします。

sag2018

お問い合わせ
SAF10/1
FAX:048-465-6275
〒351-0012 朝霞市栄町2-6-18
スーパーアメリカン
フェスティバル事務局